交通事故後遺障害の慰謝料を接骨院を利用して手に入れる時の注意点

接骨院
後遺障害

交通事故後遺障害と慰謝料を接骨院

交通事故後遺障害の慰謝料を接骨院を利用して請求するような場合には注意をしなくてはいけません。何故かというと、接骨院はクリニックとは異なるからです。基本的に、交通事故の慰謝料を請求するときにはそれを証明するためにクリニックからそれを証明するための書類をきちんと書いてもらわなくてはいけないのです。

この証明書は病院だけが描くことができるものであり、その証明はきちんと医療免許を保持している人間に行ってもらう必要性があります。なぜこのような厳格な決まりが存在するのでしょうか。そもそも、交通事故に関わる慰謝料を被害者に対して支払うのは加害者本人ではなくその加害者が加入している保険会社だからに他なりません。

基本的に自動車に関わる保険は大きく分ける二つの種類が存在します。一つは、誰もが加入しなくてはならない自賠責保険と呼ばれている保険です。自動車のトラブルは、大きな事故になってしまうと多額の損害賠償を支払わなくてはいけなくなるケースが非常に多いです。

不測の事態を考慮すると、突然加害者側が大きなお金を支払わなくてはいけなくなるケースも考えられるため、そのようなことを考慮して最低限の支払いができるように自賠責保険という保険が考えられました。そのため、この保険に関しては加入しなくてはいけません。

接骨院の注意点

一方で、民間の保険会社が提供している任意保険というものも自動車には存在します。この民間の保険会社が提供している慰謝料の大きさというのは、それぞれの民間の保険会社の基準によって決まりますので、自賠責保険と比較しても実は大きな金額になることが非常に多いのです。そのため、慎重に交通事故に関連する詳細を検討してから慰謝料を支払うように決められています。接骨院を利用することで交通事故後遺障害の損害賠償を請求することが難しくなるのもこうした事情が存在するからに他ならないのです。そもそも、接骨院というのは民間の人が施術を行っていて、ここで施術を行っている人は医師資格を持っている人ではないことに注意をしなくてはいけません。

病院で受けられるような治療行為を受けているわけではありませんので、病院と同じような考えて書類などを造ることもできないのです。普通、患者の病状を決定することができる権限を有しているのは病院だけです。病院以外のところではそもそも治療行為を行うことができないわけですから、その症状が本当に後遺障害に該当しているかどうかを判断することもできないと判断されるわけです。

実際に、接骨院では病院のような詳細な検査をしてもらうわけではありませんので、病院のように症状固定であると断定することはできません。以上を確認してもらうことは確かにできるのですが、その判断方法と治療過程がまるで異なっているという特徴があるのです。また、治療費に関する考えた方も全然違います。上述のように接骨院というのは病院ではないわけですから、医療控除を受けることができる施設とは異なります。

治療費に関しては全額負担で支払わなくてはいけないわけですから、医療控除を受けることができる病院の支払い方法とはかなり異なる傾向があります。実際に、こうした施設に通院しているときには健康保険が適用されないことがあるのです。このような施術には健康保険が適用されるものされないものに分かれているため、これらの場所で交通事故後遺障害の損害賠償請求をしたいと考えている場合にはこうした事情をきちんと考慮しておく必要があります。

全ての症状に関して一律に判断しているわけではなく、病院や症状、そして実際にその症状を診てくれる場所によって色々と変化があるということを忘れないようにしておきましょう。