整骨院のむち打ち治療費を打ち切り宣告されたら交通事故弁護士に相談を

交通事故に遭ってしまうと、被害者の被る損害は多大です。まず身体的なケガをしてしまうと入院や通院で治療を受けなくてはなりませんし、その間仕事を休むことになって収入が減ったり持ち物の損壊、さらには精神的にも大きなダメージがあります。

示談交渉に一人で立ち向かわなければならないことも

被害者の方は、相手に対して被った損害の賠償請求をすることができます。これは、法律で認められている正当な権利です。被害者が損害賠償請求できる項目は、大変細かく分かれていて複雑です。そして実際に加害者からいくら支払ってもらうか、またその内訳などについては当事者間の話し合いで決定します。この話し合いが、交通事故の示談交渉です。

示談交渉は交通事故の当事者どうしが和解のための話し合いをする場ですが、実際には加害者の保険会社対被害者での交渉が一般的です。というのは、ほぼ全ての任意自動車保険には運転中に事故を起こしてしまった時に備えた示談交渉代行サービスが付加されていて加害者はこのサービス利用で保険会社に味方についてもらうからです。

一方被害者の方の立場で、自分に過失がなく相手に対して賠償責任も発生していないケースでは自分の任意保険の示談交渉代行サービスを使えないことになっています。よって、そのままでは自分一人で相手の保険会社と交渉しなくてはなりません。

ここで、加害者側の保険会社の立場というと保険金給付という形で加害者から被害者への賠償金を実際に支払う立場です。そのため、示談交渉の中で相手の保険会社は安めに見積もった賠償金を提示して早期合意に持ち込むこともあり得ます。相手の保険会社に言われるがままの金額ですぐに示談成立としてしまうと、被害者は大きな損をしてしまう可能性がありますから要注意です。

しばらく時間が経過してから分かる「むち打ち症」

例えば、交通事故でケガをするとそのケガの治療がひと段落してからも痛みなどの症状が続く後遺症が見られることがあります。交通事故の後遺症でよく知られているのはむち打ちで、事故の時に急停車や衝突の大きな衝撃で体ムチのようにしなることが原因で起きる後遺症です。体がしなった時に頸椎や腰椎、骨盤などの骨格や関節が正常な可動範囲以上に振られてずれたり歪むと、むち打ち後遺症の原因となります。

骨格や関節のずれや歪みは、筋肉やじん帯の炎症を起こして腰痛や首の痛みをもたらします。またずれや歪みが神経根を刺激することでしびれや神経痛が見られたり、自律神経の神経根に圧迫が及ぶと冷えやむくみ、不眠やうつ状態などいろいろな自律神経失調症が現れることもありますから要注意です。

整骨院の中には、交通事故治療を専門に行っている治療院があります。交通事故専門整骨院では、むち打ちをはじめとする後遺症の根本改善が得意です。単なる腰痛や肩こりのためのリラクゼーションマッサージリラクゼーションでは痛みのある部分に指圧などしますが、交通事故専門整骨院では痛みの根本原因である骨格や関節のずれや歪みを正す骨格矯正整体でむち打ち後遺症を原因から改善するので施術が終わっても腰痛や首の痛みがリバウンドしないのが特徴です。

交通事故の被害者は事故で受けた損害について相手に賠償請求することができ、治療費については実費で請求するのが基本です。ところが、示談交渉の中で相手の保険会社から整骨院でのむち打ち治療の費用について支払いの打ち切りを宣告されるケースがあります。しかし整骨院での後遺症の治療は被害者にとって必要なものなので、かかった費用については正当に賠償請求できるはずです。

交通事故の被害者は、示談交渉において相手の保険会社から賠償金の額を提示されたり治療費の打ち切りを宣告されたら内容をよく確認して正当な内容で交渉する必要があります。とは言え、被害者に保険や損害賠償請求の知識がないと実際には困難です。そこで、交通事故の被害者になってしまったら弁護士に相談してアドバイスをもらったり示談交渉を代行してもらうなどのサポートを受けるのが一番です。

弁護士の中には、示談交渉や損害賠償請求を専門に扱っている交通事故弁護士の先生がいます。交通事故弁護士は、被害者の味方という立場に立って加害者サイドと交渉を進め被害者が正当な内容で損害賠償請ができるように尽力してくれます。整骨院でのむち打ちなどの後遺症の治療費打ち切りについても正当な金額を受け取れるように交渉してくれるので、被害者が自分で交渉にあたるよりも受け取れる賠償金の額がアップするケースがたくさんあります。

交通事故弁護士に相談するとなると、費用面が心配という方も少なくないようです。この点、最近では利用しやすい明朗料金を設定している法律事務所も多くなっています。また、任意の自動車保険には弁護士費用特約という制度があります。

弁護士費用特約というのは、交通事故の被害者になってしまい交通事故弁護士に相談した場合の費用を保険で補償する特約です。弁護士費用特約は通常オプション契約なので付加するには保険料がプラスになりますが、万が一被害者になってしまった時には交通事故弁護士のサポートを受けることで賠償金が増額できるのでぜひともつけておきたい特約のひとつです。