交通事故で手首に後から痛みを感じた場合は交通事故弁護士に相談

交通事故に遭い、その時には大した事はなくても後から痛みを感じてしまう場合は少なくありません。人間の体には急激な衝撃に対して元に戻ろうとする力があり、またその時に損傷をきたしても時間の経過とともに自然と治癒してしまうため、その瞬間には痛みを感じない時も多いのです。

事後、しばらく経ってから現れる痛み

しかし大きな衝撃を加えられた際に神経などが傷つけられ、その状態で他の部位が元に戻った場合神経だけが取り残されて痛みを感じてしまうということが非常に多くなっています。むち打ちなどはこの典型で、外見的には異常がなくても神経が傷つけられているために痛みを感じてしまい、外科的にはその原因がなかなかわからないと言うことが発生します。

むち打ちは首の部分の関節が大きく曲がって元に戻るために神経が傷つけられ起こる現象となっていますが、自動車事故による衝撃を受けて傷つけられるのは首だけではなく、その他には手首が非常に多いことがわかっています。特に手首の部分は運転をしていた人に多く、ハンドルを行っているために衝撃をハンドルと手首で押さえ込もうとするため手首の関節に大きな力が加わり、むち打ちと同じような症状をきたしてしまうことが少なくありません。

一般的に自動車事故に関する示談は保険会社同士で行うことが多く、保険会社同士の場合には双方の被害の状況をできるだけ早く確認してその時点の状況をもとに補償金額や責任割合を算出することが基本となっているため、後から痛みが発生した場合でもこれが認められないことが多くなっています。

事故直後は痛みがなくても後から歪みが発生したと言うケースは非常に多いのですが、保険会社としてはこれを認めてしまうと事故の影響なのか別の要因なのかの区別がつかないと言うことが多いため、基本的に被害状況の聞き取りをした時点で発生していない被害については認めないことが多いのでトラブルの要因となるのです。しかし、被害を受けた側にとっては納得できる話ではありません。

治療費支払いの打ち切りをさせない

このような時は交通事故弁護士に相談することが非常に重要です。交通事故弁護士は保険会社とは異なり独自の評価基準を持っており、その中には事故直後ではなく後から発生した被害についても様々な判例をもとに客観的な判断を行っています。事故の状況やその後の経過からその痛みが事故による影響であると判断する根拠があれば、保険会社の聞き取りの後で発生した痛みであっても十分に認められ損害賠償の対象となる可能性があります。

交通事故弁護士に相談すると様々な面で有利になると言うポイントは他にもいくつかあります。1つは交通事故に遭い怪我をした場合、その治療にかかる費用が基本的には加害者側が負担することが決まりとなっていますが、一定期間通院した後症状が改善されない場合にはその治療費の支給を打ち切られることが少なくありません。

これは症状固定と呼ばれるもので治療の効果が得られないと判断され治療費を打ち切られるとともに慰謝料の支給で一切の賠償を完了しようとする兆候が見られることが多いのです。しかし実態としてその賠償額は非常に少ないことが多く、納得ができない結果となることが多くなっています。中には加害割合に影響する結果を導いてしまうこともあるため、一般的には泣き寝入りをしてしまっていることも多いのですが、大きな問題となることも少なくないのです。

交通事故弁護士は実際の事故の状況やその際の双方の証言などをもとに客観的に加害割合を分析するとともに、保険会社とは異なる視点で事故の内容を検証していきます。そのため保険会社とのやり取りの中では明確にならない様々な現象が明確になることも多いのです。その中で手首に後から痛みが発生するような状況が立証されている場合には被害者の申告を受け入れこれに対する損害賠償を求めることも少なくありません。

交通事故弁護士を利用するメリットは他にもあります。その中でも最も大きいと考えられるのが損害賠償や慰謝料の金額の基準です。交通事故の損害賠償や慰謝料の金額は一般的に保険会社が取り扱う場合には保険会社の基準の金額が設けられており、これに従って処理されることが多いものです。しかし実際の様々な裁判の判例に比べてその金額が非常に低い上、場合によっては十分な保証がされないことも少なくありません。そのため納得ができないことも多いのですが弁護士の場合には判例をもとに様々な条件を決定するため、より厳密な判例に近い金額を受け取ることができる可能性が高まります。

さらに弁護士であることから相手側の対応が不服である場合には裁判を行うことも可能で、その際には必要十分なサポートを行ってくれる件も大きなメリットとなっています。一般的に交通事故の場合には双方の保険会社が代理人として問題を解決することが多いのですが、手首に後から痛みを感じたような事故の場合には納得できる結果とならないことも多いのです。そのためこのような場合には弁護士に速やかに相談し、納得できる太陽を相手方に要求できるようにサポートを依頼することが非常に重要です。