交通事故を弁護士に無料相談する時には

弁護士相談

どんなに気をつけていても、交通事故は突然起こってしまう可能性があります。

交通事故が起こると慰謝料や保険など様々な手続きが必要となってきます。被害にあった場合自力で解決しようとしても痛い目にあってしまうこともあるため、事故にあってしまった場合には法律の専門家である弁護士に頼むことをお勧めします。

交通事故弁護士に相談した方が良い理由

まず、なぜ交通事故にあった時に弁護士が必要になるかというと、被害者自身が相手の保険会社と交渉するというのはとても大きなリスクとなってしまうためです。様々な問題が出てきてしまい、素人では対応しきれないことが考えられます。

具体的な問題としては、怪我の治療を継続できるのか、会社などを事故のせいで休業する必要が出てきた場合の補償、適正な慰謝料を払ってもらえるのか、後遺障害の認定や後遺障害による収入の減少の補償が挙げられます。

無料相談を活用する

事故の種類や怪我の内容によっては、法律の専門家に頼ることによって被害者の費用倒れになってしまう可能性もあります。しかし、無料相談だけならタダでできますし、無料相談という形でサービスしている法律事務所はたくさんあります。

保険会社との示談がポイント

基本的に事故で保険会社が出てくると、いくら大手であっても保険会社は適正な相場を大幅に下回る示談金しか提示してこないのが現状です。色々お金がかかってしまうことも考えると損をすることをできるだけ避けるのが、被害者にとっては重要となってきます。そのため誰にも相談せずに示談にしたら、相場よりも損をしたということにもなりかねないのです。

示談した後に文句を言うことはできなくなってしまうため、少なくとも示談金や慰謝料の適切な相場を知ってから自分の納得できる内容で示談することが大切です。そのためには交通事故を専門とする弁護士を選ぶことがオススメとなります。

交通事故に強い弁護士は、任意保険会社との「示談」を熟知しており、反論方法にも詳しいです。

不当に低い慰謝料が提示された場合、素人は担当者に反論すらできず、そのまま鵜呑みにして示談してしまうケースも多いです。

「提示額が本当に正当なものか?」
「慰謝料相場と比較して安いのか?」

などの疑問も交通事故に強い弁護士なら、豊富な経験から判断が可能です。(参考サイト:交通事故弁護士相談Cafe

交通事故弁護士の選び方

問題なのが、どの弁護士に頼ったら良いのかということだと思います。様々な法律事務所があるためどこを選んだら良いのか迷ってしまいますが、選ぶときのポイントがあるためそれを参考に選んでいきます。

交通事故の専門性

まず、基準となるのが交通事故という問題を受け付けてもらえるかどうかです。法律事務所と言っても様々な専門があり離婚や借金など法律事務所によって得意な分野は異なります。特に無料相談を実施しているところでは死亡や重傷事案などに限って無料で相談を行っていることも多いため注意します。

形式的には交通に関する事故に対しても相談することができたとしても、受任可能性の低い相談には親身に対応してもらえないこともあります。そんな事務所に対しては、相談の予約をする際にスタッフの話ぶりに注意して見分ける必要があります。

忙しくて直接面談して相談できない、そこまで必要性が感じられないという場合には電話相談やメール相談を活用してみるのもオススメです。

適切な補償を受けるためには、きちんと法律に基づいた補償を受けられるようにすることが大切です。相談するほどの事故ではない、法律事務所は敷居が高いと感じる人も多いと思いますが、勇気を出して相談するということが重要となります。

親身な姿勢

また、様々な法律事務所に相談してその中でも相性が良いと感じられるところや、しっかり説明などをしてくれるところなどを選ぶことが良いとされています。

無料相談をするときには、必ず聞いておくべきポイントもあります。聞いておくべきポイントとしては、過失割合、後遺症の認定見込み、慰謝料などの損害賠償などのお金のことに関わることのほか、解決までにかかる期間や手続きの内容、裁判に移った場合の対処などはきちんと聞いておきます。

交通事故にあってしまうと気が動転することもありますが、自分のためにも弁護士を利用することが大切です。